保育理念 | 大楠の里こども園

保育理念

家庭や地域社会と連携しながら、
豊かな環境を整え、
生きる力の基礎を育てる

自然豊かな若木町の環境に親しみ、世代間の関わりを深め、子どもたちが楽しんで体験や経験ができるよう、保護者の皆様からの協力を仰ぎつつ、職員一同頑張っていきたいと思います。

保育方針

  • 1:養護と教育が一体となり、健康な心と身体を作る
  • 2:まことの保育を通して、豊かな心を育てる
  • 3:家庭・地域社会と連携し主体的に学びに向かう力を育てる

保育の目標

しっかり食べる子(情緒の安定と発達)

しっかり食べる子

食べる意味を知り、食べ物の由来を知り、好き嫌いなく食べることにより、身体的成長が育まれる。

身体の成長が情緒の安定に結びつき、幼児期の発達が営まれていく。

くじけず頑張る子(よく考え判断する子)

くじけず頑張る子

自分自身の行いを振り返り、自分を知ることにより、
生きる力や困難に負けない、強い心を養っていく。

感謝のできる子(心身ともに健康)

感謝のできる子

生きる力とは、感謝する心、お陰さまの心。

命の大切さに気づき、生き抜かせていただく。

しっかり食べて育った体と、くじけず頑張った強い心で、
生きる力を持った人間の育成を目指していく。